読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヴァン君のインサガ落書き帳

Imperial SaGa(インペリアル・サガ)について気ままに書き綴っています

インサガ ロマサガ2クラスキャラクター考その2

コンバットはみなさんも奮闘していますでしょうか
今回も威力石がおいしいので是非とも10%以内に入りたいのですがどう足掻いてもクラウンを握りしめた拳でフルブライトに千手観音するしかなさそうですね
と言っても1,000クラウンもぶっ込めば安全そうではありますしその程度のクラウンなら配布分で賄えるのでなんとかなりそうです

さて今回も前回に引き続きロマサガ2クラスキャラクターについて触れて行きます

クラスキャラクター考記事の全体はこちらを参照

ブラウザゲーム-インペリアル・サガ-キャラ評価-クラスキャラクター考

 ※クラスキャラクターのステータスは帝のものを記載しています

※クラスキャラクター間で武器が異なる家臣がいる場合は()内に記載しています

 

 

f:id:izunabi:20160715230414p:plainフリーメイジ女 棍棒

ローズ:HP402/攻24/防35/速33/火土闇/術士
王ウィンドシードは術適性が低い術士

補助術の改善前(味方に対してランダムで誰か1人を5ターン強化)はハズレ家臣の筆頭とされたフリーメイジですが補助術の全体化と共に術適性が土を含めた3種類あり補助には困らず一気に取り回しのよい支援キャラに躍進し更に術ダメージ計算式の改善後にはダメージソースを担えるようになり実装当時のハズレ扱いがまるで嘘のようです

宮廷魔術士の男女の中間程度の防>速型でHPも400以上あり更に3属性が扱えるため運用の幅においては宮廷魔術士よりも広いと言えます(王ウィンドシードは速>防ですが)
補助は攻・防・速全てのバフ術が扱え攻撃でも消費11の省エネ術ストーンシャワー相手を選ばないヴァーミリオンサンズ威力がより高い縦断のソウルフリーズを使い分けられるなど非常に良好です

その一方で全体の属性攻撃術が熱属性の火の鳥しかないので宮廷魔術士ほど弱点を突ける相手がおらず攻撃面においては宮魔に一枚譲る形になります

ただストーンスキンとダークソードが扱える時点で支援役としては十分すぎるほど活躍を見込めますし適度に硬くランク10モンスター相手にも安定して先制できる速度を持ち攻撃にも参加できるなどクラスキャラクターの中でも使い勝手のよい家臣です

 

 王も使い勝手の面では同様なのですが王が主戦力になる環境では往々にして術開発が遅れているかと思います

ですが土・闇は有用な術が比較的早期に開発可能なためグレード7と同時にダークソード・クラックを開発することで補助と攻撃の双方の面で使い勝手が大幅によくなります

王ウィンドシードは術適性が低いものの使える補助術の幅が広いおかげでそれほど問題にはならずむしろ術適性が低い分すばやさが31と高く補助専門として使うなら王の中でも指折りでしょう

 

 

f:id:izunabi:20160715230445p:plainインペリアルガード女 小剣(棍棒)

ミネルバ:HP418/攻43/防33/速22/光
奥義:遠隔・単体・熱・有翼特効

後発の攻特化型家臣にも後れを取らない攻撃性能の高さがウリの元祖ゴリラです

設定資料では「槍や剣、弓まで扱える一方、術法能力にも優れていた。女であるとはいえ、帝国最強の魔法剣士である」とのことですが「一方、術法能力にも優れていた」と「魔法」の部分は要らないのでは? そもそも小剣と棍棒しか使わないし…

ミネルバが小剣なこともあって単純なダメージ性能においてはエイリークや金獅子には負けますが奥義の有用さから単体火力の小回りが利きます

ミネルバの奥義は「遠隔・熱・単体・有翼特効」というだけの技なのですが「遠隔・熱」というところがポイントで遠隔のため的確に相手を狙え属性が熱のみのためファイナルレターとの使い分けによってほとんどの相手に等倍以上のダメージが見込めます

オマケ程度の有翼特効のため消費SPが増えていますがファイナルレターと同じく軽減後消費SPが8なのも嬉しいところです(そもそもレターがスクドラの方が使える場面が多いくらいポンコツなせいもありますが)

これに加えてラルヴァクィーンや一部ボスに有効なスクドラを含めれば単体火力の面では心配はありません

 

ゴリラのイメージに反して(?)光術適性のため耐久力は精々並程度しかないのであまり長いこと最前線に置いておくのは危険を伴います(が並程度の耐久力はあるのでそれほど厳しいわけでもないですが)

むしろ惜しむべくは神速でも補い切れない鈍足さです

大抵のイベントボスには熱か突のどちらかは通るのでほとんど常時ボス戦での活躍が見込めるのですが鈍足さゆえに絶望S周回での起用にためらいがちになります

もしミネルバを絶望S周回で運用する場合は分岐時は他のメンバーに攻撃を任せるなり雪の精・ラルヴァクィーンなど鈍足かつミネルバで弱点・特効を突けるルートを選ぶなり運用面での工夫が要求されます

もちろん無理に鈍足なまま絶望Sに連れ回すよりは割り切って試練専用のアタッカーとするのもよさそうです

 

王ヴィクトリアも奥義こそないもののほぼミネルバと同等の使い勝手でメインアタッカー足りえ王ディアナ武器が棍棒なことからグラスラ・かめごうらと更に攻撃面の利便性が高くいずれも場合によっては帝の出番を奪ってアタッカー枠でのスタメン入りも狙えるほどです

 

 

f:id:izunabi:20160715230505p:plainイーストガード 大剣(槍)

ジュウベイ:HP425/攻42/防20/速40
奥義:近接・全体・斬・雷・悪魔特効
王ソウジは最大LP3だが能力が高い

極端なほどの攻速偏重型のステータスに全体奥義とまさに絶望Sには俺を使えと言わんばかりの性能を誇ります

設定資料のとおり「家は代々、王家の剣術指南役を仰せつかっている」ためでしょうか

単体火力・横断火力・全体火力の全ての面において優秀絶望分岐先でも余裕で安定先制できる速度を持ち防御力の低さも余計な術適性がない分HPである程度カバーできます

唯一の弱点である防御力の低さから強化ポイントを振っていても絶望ボスの物理で軽く500は持って行かれますがそれを差し引いても余りある強さは単純に言えば人間の中では現行最強レベルと言っても過言ではありません

 

但しこの強烈な性能は「大剣に全体奥義」「絶望Sに要求される攻と速が高い」という組み合わせに由来している部分が大きく帝ジュウベイと比べると王以下は図抜けて強いわけではありません

 

王ボクデンは十分な攻速がありますがあくまでも王レベルの性能で全体技のない大剣ということもあってほぼ同じステータスのフリーファイター女の王ディアネイラと比較するとあちらは斧で全体技がありランク10技も遠隔と使い勝手の面では分が悪い状況です(もちろんボクデンは大剣なので単純な火力比べならボクデンの方が上回ります)

王ソウジ最大LPが3しかない代わりに能力値に上乗せされており攻・速ともに37という帝並の性能を誇るため単純な能力値だけならば王最強であり(耐久力を度外視すれば)下手な攻速型の帝さえも上回ります武器が槍という点が活躍の場を狭めてしまっており単純に「王の中で最強」とはさせてくれません(逆に言えば「槍王の中では最強」「速度枠も兼ねた王の単体アタッカーとしては最強」くらいは名乗れそうですが)

 

f:id:izunabi:20160715230536p:plainアマゾネス 槍(大剣)

ジャンヌ:HP433/攻24/防33/速41
奥義:遠隔・単体・突・熱・女性特効・女性の攻UP

初期勢の中でも長らくぶっちぎりワーストのハズレとされたジャンヌですが範囲の広い攻UPの奥義が来たお陰でずいぶん救済され今では試練の攻バフ役・速度枠としての採用が見込めますしコンバットにおいては攻撃の手を止めずに攻UPがかけられるため非常に強力でとりわけ敵に回した際には最速級の速度もあってまず確実に初手で攻UPを許してしまう厄介な手合いとなっています

女性に攻UPというあたりは設定資料の「集団アマゾネスのリーダー」「ロックブーケを倒すため、村の女性を引き連れて」あたりで妙な趣味に目覚めたりとかしてないでしょうね…

 

ただ極端な速>防>攻で術士と同等かそれ未満の攻撃力なのに術が扱えず武器も槍という弱点は相変わらずですので普段使いには全く向きません

耐久力が高めなので安心して龍陣・稲妻の先頭に立たせて奥義を使わせられる点では確かに有用ですが消費SPの重さから毎戦使うことはできず奥義を使わない戦闘では攻撃力の低さから丸っきり役に立たず攻撃力の低さから奥義のダメージもたかが知れており数回の戦闘限定で精々1,000程度のダメージの上乗せのためだけにジャンヌを起用する必要性はないでしょう

その意味では相変わらず今もハズレの部類と言えるかも知れませんがコンバットや試練では使いどころを見定めれば十分役立てるあたり最初期と比較して相当救済されています(初期が酷過ぎたとも言えますが…)

 

しかし奥義は帝ジャンヌにしか与えられていないため当然ながら悲惨なステータス比率そのままの王以下は相変わらず悲惨なままです

槍の乗り換え先が大剣で全体技がないのは変わりませんしそもそも物理キャラとして何か履き違えているとしか思えない低攻撃力からたとえグラスラや二丁乱射が使えるようになったところで有用性は低いでしょう

王ブコウも王トモエもまるで戦力になりません

…とはいえ

ブコウはコマンダー能力が「女性の速+6」と有用なものですのでロビンハットやユニコーンなどの厄介な相手に先制を安定させるためにコマンダーとしての採用が見込め丸っきり使い物にならないわけではありません


トモエは…ほら見た目とかkawaiiし? 

f:id:izunabi:20160717005416p:plain持ち点をkawaiiにつぎ込んだ御姿

そう言えば稼働初期はトモエの話題も多かったものでしたが近頃はめっきり聞きませんね…

 

 

f:id:izunabi:20160715230613p:plainハンター 弓(棍棒)

ハムバ:HP433/攻42/防29/速29
奥義:遠隔・単体・突・雷・昆虫特効・防DOWN・昆虫確定発生

待望の攻撃力特化型の弓家臣としての登場で現行の弓キャラの中でも最高の攻撃力を誇ります

非常に強力な性能を備えており実際かなり強いのですが…実装時期が悪く次のイベントで実装されたラベールが攻撃力こそ劣るものの強力でイベントでの描かれ方も素晴らしかった(原作ではコーデリア派でもこのイベントでラベールが好きになったというプレイヤーも出ました)ため「強いには強いんだけど強い弓帝ならラベールの方が…」という流れで実際の性能に比してあまり話題になりませんでした(逆に待望のラベールに持って行かれたことが話題にされたり)

そりゃハムバも困惑するってものです

サバンナに定住する狩猟民のリーダー的存在」だそうですがサバンナの現地住民すげーなって話です

 

がしかしステータスを見て分かるとおりの攻撃力特化型ながらも防速もそこそこあり奥義の防DOWN効果も含めて間違いなく弓帝としては屈指の戦力です

 

王以下の武器の持ち替え先も棍棒と優秀で弓王ケチュワ棍棒王ガダフムもともに攻撃面で頼りになります

特に他に攻撃力特化型の弓王は他におらずケチュワの攻撃34は次点のフリードリッヒとナルセスの30を大きく離してのトップですのでいかに弓使いとして破格の攻撃力か(そして既存の弓使いの層がいかに薄かったか)分かるかと思います

 

 

f:id:izunabi:20160715230639p:plainホーリーオーダー女 棍棒(剣)

ソフィア:HP414/攻32/防33/速34/水光
キャラによっては術士(帝ソフィアは術士ではない)

キャラによって術士だったり術士じゃなかったり同じソフィアでも戦は術士だったりと忙しいクラスですが帝ソフィアは術士ではなく普通のバランス型棍棒帝です

設定資料によると「内政に優れ、またその容姿から密かに憧れている者も多い」そうですが戦闘要員としてどうだったかの一切の言及がなく性能面で色々忙しいことになっているのはそのせいだったりするのでしょうか

バランス型棍棒のライバルとしてテティスがいますが速度と術属性の面で勝るため冷属性が飛んで来ない場面においてはソフィアに分があります

 

攻撃力32は一見低そうですが(というか実際低めですが)攻速を両立した棍棒使いとしては十分実用範囲グラスラ・かめごうら・骨砕きの砲台として活躍してくれます

ただバランス型かつ攻撃力が最も低いため実際に攻速の両値を限界近くまで育てるのは困難を極めるかと思います

むろん一度そこまで育ってしまえば棍棒の使い勝手の良さと活躍の場を選ばないバランス型の特性からほとんどの状況下において役立ってくれることでしょう

術も扱えますが折角の棍棒なので補助するよりは殴らせたいのが人情ですが元気の水か水舞は忍ばせておきたいところです

 

王マリアは何故か妙に速度に偏った術士として設定されており宮魔の属性違いのようなステータスをしているため宮魔とほぼ同様の使い方ができる他コマンダー能力が「斬武器の術適性+10」と有用です…と言っても斬武器の王以上の術士は王マリア本人と王ウンディーネくらいですので実際にコマンダーの恩恵を受けられるのは非常に限定的です

王マグダレーナは帝ソフィアをそっくりそのまま王にスケールダウンした形ですが生憎と王の棍棒は攻撃特化型が多いため相対的には帝から価値が下がっているとも取れます

そのためマグダレーナは攻撃特化の棍棒王にない利点として術による支援もこなせる点を活かすとよさそうです

 

…ところでイベントクエストのせいでストーリー上勝手にゲオルグが死んでたことにされてましたホーリーオーダー男の実装はどうするんでしょうね…やっぱり適当にダブル設定を持ち込むのかな

 

 

クラスキャラクターも一応半数以上を紹介し終えました

残りについても順次記載して行きます

 

あとは現行のコンバットが連休中にどれだけの人が頑張りそして最終日にどれだけのボーダーラインの変動があるのか…あんまり考えたくもないですが要注意ですね