読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヴァン君のインサガ落書き帳

Imperial SaGa(インペリアル・サガ)について気ままに書き綴っています

インサガ コンバットとか後発キャラとかあれこれ

ブラウザゲーム-インペリアル・サガ-イベント ブラウザゲーム-インペリアル・サガ-イベント-コンバット ブラウザゲーム ブラウザゲーム-インペリアル・サガ ブラウザゲーム-インペリアル・サガ-雑記

コンバットが始まりましたね

正直かったるくて仕方がないのですが上位報酬が美味しいのでついつい100円銭投げゲーに加担してしまいます

f:id:izunabi:20160714191406p:plain早速5位と9位が歓迎してくれましたが勝てるわけねえだろ

もちろんあっさり負けて来ました

 

かったるいのはいつものこととしてもインサガではイベントの最高報酬ラインが上位10%と緩くていいですね

 私はこれまで10か15か…まあその程度の数のブラゲ・ソシャゲをちょこちょこつまみ食いして来たのですが大抵の対人・ランキング要素のあるゲームですと「上位10位以内に☆13装備10点セット+超強化鉱石300個」「上位50位以内に☆13装備2点セット+強化鉱石100個」とかそのくらい上位煽りが露骨なものばかりでした

 

インサガだとイベント参加人数が大体10,000人前後ですので最高報酬の上位10%を狙うとすると単純計算で1,000位程度を狙えばいい計算になります

また上位争いはほぼスタミナ課金競争になり札束での殴り合いに終始してしまいますがインサガの場合ですと課金競争(100円玉)とたいへん微笑ましいものです

どうせスタミナ課金と言っても配布クラウンで十分事足りますしね

 

レアリティに関しても稼働から1年経つのに稼働初期からいるキャラの露骨な上位版があまりおらず中々いい具合にバランシングかけてくれている印象を受けます

ブラゲ・オンゲ・ソシャゲの経験が薄い方はインサガで「後発家臣が強すぎる!」という感想を抱くかも知れませんが私はその逆に「稼働1年も発つのに後発家臣が初期家臣と総合性能がさほど変わらない!」という感想です

 

もちろんガチャが周らなければ開発費は回収できませんから後発キャラが強くなる・あるいは需要に即した性能になるのは当然ではあるのですがインサガの場合は露骨さがさほど見えないのがよいなと

持ち点で言えば初期のロマサガ2クラスキャラクターは若干低く逆にサガフロ後期やサガフロ2以降は若干高く設定されていたりしますがほとんど成長で埋もれる程度の誤差です

七英雄が実質上の上位レアリティと言ってもいいくらい既存帝の持ち点に上乗せした能力値になっていますがそれでも例えば王と帝のような明確な差があるかと言うとそうでもありません

むしろ初期からいる帝の間でもハリードのような今でも第一線の家臣もいればライーザのようになんとかしてやってくれってのもいるしミカエルのようになんとかしてやった結果がこれだよってのもいるのでそっちの方が気になります

 

 

私が過去プレイしたブラゲ・ソシャゲでは「無課金ガチャだと稀に☆6が引けて能力140」「課金ガチャだと大ハズレで能力600」「アタリなら8,000」などで「課金しない者は人にあらず」と言った具合でした

他にも「初期の課金ガチャ装備は150程度」だったのが後発ガチャになるにつれ徐々に性能が170…190…230…250…300…とインフレし続け今では課金ガチャ装備の性能が2,000程度になっているものもありました…

 

随分と話が横道に逸れましたが…

何と比較するか」「どう遊ぶか」にもよるとは思いますがそんな販売スタイルが常態化しがちなブラゲ・オンゲ界隈においてインサガはバランスを大きく損ねることなく後発キャラもそれなりに優遇しつつ上手いことやっているなと感じます

強化ポイントや技強化・開花育成などを考えるとあまり課金しないプレイヤーにとってはちょっとやそっとの強キャラが追加されても「じゃあガチャるか」ともなりませんし逆に少しでも強くなりたい・好きなキャラが追加されたというプレイヤーにとっては逆に「後発なぶん性能も若干優遇されてるから出るまで回すぜ」という刺激にもなるでしょうしやっぱりその辺りの匙加減は分かっていてやっているように思えます