イヴァン君のインサガ・インサガEC落書き帳

Imperial SaGa eclipse(インペリアル・サガ エクリプス:インサガEC)について気ままに書き綴っています

インサガEC キャラクター短評(恒常☆5アタッカー編)

インサガECに実装され、私が実際に使用したことのあるキャラクターについて、短評という形にて語ります。

全てのキャラを使ったわけではないことをご承知おきください。

また、キャラクターの性能について下記要領にて評価を付けていますが、キャラクターの優劣を付けているわけではない点をご承知おきください

S:レアリティの区分を超えて活躍できる(☆3が☆5の出番を奪うなど)

A:その分野のトップエースを張れる

B:その分野で十分にやっていける

C:物足りない

+表記:与えられた役割以外にも用途がある(そのランク内でも上位という意味ではない)

※レアリティの区分について、ボス☆5限定☆5恒常☆5☆4☆3とします。(ボス、限定、恒常を分ける。但し☆4の中で限定と恒常の区別はしない)

 

f:id:izunabi:20210208190659p:plain

エレン:恒常☆5

評価:B

すばやさが高めの縦横アタッカーで使いやすい。単体火力は低い。

奥義はリチャージが早いが威力は相応に低いので悩ましいところ。いちおう「ゲージ50%ぶんで奥義が使える」とみなした場合、奮起の効果量が相対的に2倍になるので、高威力横範囲をコンスタントに叩き出したいシーンにマッチする。あと、モクとか。

そのため土属性の横範囲試練・コンバットで輝くキャラクターだが、縦横の柔軟さを活かした普段使い・稼ぎ周回にも向く。

ただし複数攻撃や全体攻撃が増えている現状ではエースを張るには厳しいか。

奇しくも(もしくは狙ってか)ユリアンとは類似性能。

 

f:id:izunabi:20210208192134p:plain

バルマンテ:恒常☆5

評価:A

鈍足縦アタッカー。

「ためる」のダメージUPを活かして縦範囲をまとめて叩き割りたい。

連携スキルでクリティカル率UP、補助スキルでクリティカルダメージUPを持つが、精神法を使う場合、連携スキルが死ぬ点、注意が必要。

バルマンテに限ったことではないが、「ためる」型は、相対的にダメージUPバッファーとの相性が悪く精神法持ちと組ませた方がよい。

かなりの鈍足で、速度については何らかのフォローが必要。無理やり速度を盛るのもよいが、サポーターの補助スキルで連携率を上げて行動順を割り込ませるのもよい。(連携させても連携スキルが精神法で仕事しなくなる点は歯がゆいところ)

縦範囲配置ならば補助スキル含めてかなりの殲滅力を発揮する。かのテルリックバウムexさえもカチ割ってしまうほど。

 

f:id:izunabi:20210208193054p:plain

ユリアン:恒常☆5

評価:B

エレンと類似性能だが奥義の範囲の縦横が異なり、また鈍足。

奥義ゲージのリチャージについてはエレンで触れたので省略する。

連携スキルによってクリティカルが自力で狙え、かつ、補助スキルでダメージUP、クリティカルダメージUP、相性ダメージUPの3種を抑えているという地味にえげつないキャラクター設計。

ただしクリティカル率UPは精神法一つであまり意味がないものになってしまう点は惜しい。どんだけ精神法すごいのって話ではあるのだが……

エレンとの大きな違いは「デビルテンタクラー討伐・10」の主軸になれる点と言っても過言ではないほどイカ漁に駆り出している。ただし攻撃力を盛りすぎると2wave目でゴールデンバウムを狙うようになってしまうため、要調整。

 

f:id:izunabi:20210208193527p:plain

ミーティア:恒常☆5

評価:A

大火力の単体アタッカー。

スカイドライブの単体性能はもちろん、やはり奥義の威力1176が光る。デメリットのマヒは、waveをまたげば解除され、また不動で予防できるためどんどん使っていきたい。

補助スキルも相性UP、ダメージUPと頼もしく、ここに連携スキルでクリティカルを乗せるつもりなのだから恐ろしい。ただしクリティカルは精神法以下略

横範囲もこなせ、1200クラスの単体ダメージを叩き出せるのは貴重。大型ボス相手のキーパーソンとして立ち回れる。

恒常キャラとしては破格の火力のため評価は高い。黄金の帝王(原作ドット絵準拠版)あたりと比べてもクセがなく扱いやすい。

 

f:id:izunabi:20210208194335p:plain

セルマ:恒常☆5

評価:B

エレンと類似性能の水アタッカー。エレンの植物特効やユリアンのクリティカル率UPと異なり、様々な状況において連携スキルが腐らないのはよい。

性能的にエレンとだだ被りのため語ることもあまりなく。

 

f:id:izunabi:20210208195118p:plain

ブルー:恒常☆5

評価:B+

扱いが非常に難しい、ステータスだけ見れば鈍足アタッカー。

奥義後は爆速で速度調整が面倒。奥義持続が実質2ターンのため3ターンに1回は自己バフに費やすことになる。補助を一手と計上しても2ターン足りない。初手で火力を出せないのも痛い。
ただ、奥義が維持できれば攻防ともに頼もしい気難しいキャラ。気難しいブルーらしいか。
奮起等ゲージサポートが重要で、いかにサイコチェーンによるゲージ回収なしで常時ソウルアーマーを維持するかが重要となる。また、火力面でもソウルアーマーの攻撃UPだけでなく、ファストキャストが最大威力400に達するため、ヴァーミリオンサンズと合わせて単純計算で890の威力で攻撃可能となる。(ファストキャストには、「そのターンでかかるはずだったバフ」が乗らないため実際はもっと低いが)

面倒ならばファストキャスト付きの鈍足ヴァーミリオンサンズ砲台として捉えても、まあ、それなりに戦える。

総じて玄人向けで、きっちり扱えれば壁役も火力もこなせる特殊なキャラクター。

 

f:id:izunabi:20210208195847p:plain

ウィル:恒常☆5

評価:A

分かり易い単体攻撃特化型。ためる奥義をどれだけこなせるかがカギとなる。もっとも奥義に拘らずためるクリムゾンフレアだけでも十分ボスキラーとなりうる。

補助スキルの能力ダウン解除は脳削りなどの攻デバフに対抗できると考えれば使い道はある。あとはダメージUP、クリティカルダメージUP、奥義ゲージと一通り欲しいものが揃っている。

 

f:id:izunabi:20210208200319p:plain

カタリナ:恒常☆5

評価:B

攻撃力とすばやさを兼ね備えた単体アタッカー。ブルーとウィルを足してマイルドにしたような性能か。(無敵ではなく不動とかためるとか色々違うが、感覚的にという意味で)

基本的にはウェイクアップからのムーランルージュを連打するスタイルが強い。ex特性で戦闘開始時に奥義ゲージ100%になるので開幕ウェイクアップ可能。のみならず、補助スキルは奥義ゲージを70%底上げする。

ウェイクアップは実質4ターン継続するため、ウェイクアップ→ためるムーランルージュ→ためるムーランルージュ→奥義ゲージを補充し再度ウェイクアップ、のサイクルが作れると頼もしい。

頻繁に威力1000を撃ち込む場面というと単体配置コンバットや強敵が多くなるか。ブルー同様、手動で操作し、強敵相手にスポットで参戦するような使い方となる。

ただし、連携スキルがクリティカル率UPなので、やはりお馴染の精神法以下略となる。

 

f:id:izunabi:20210208201033p:plain

レッド:恒常☆5

評価:B

縦範囲攻撃を含む単体アタッカー。鈍足。

全体的に死に能力がなく、ストレートなアタッカーとして採用してゆける。

連携率UPは3ターン続くので、奥義を撃つターンに限らずどんどん使ってゆきたいところ。

 

f:id:izunabi:20210208201354p:plain

ギュスターヴ:恒常☆5

評価:B

横範囲特化のためる型鈍足アタッカー。

フルバフためる奥義で横範囲のボスを3体まとめて薙ぎ払える。試練やコンバット向け。あと討伐ミニオンキラー。

連携スキルと補助で自力クリティカルを狙えるが、精神法が揃うと死ぬ点だけは残念。

 

f:id:izunabi:20210208201625p:plain

緋色の女帝:恒常☆5

評価:B+

単体アタッカーと見るか、横範囲アタッカーと見るべきか、判断が難しいところ。

少なくとも討伐ミニオン時には非常に優れた横範囲アタッカーとして運用が見込めるし、コンバットなどではex特性から任意のタイミングでムーンシャドウによる自己バフと2体確殺が見込める。

補助スキルが他者がけということもあり、あんまりコテコテのアタッカーという感じがせず、どちらかというと器用に立ち回るタイプか。そもそも攻撃力よりすばやさの方が高い。

 

f:id:izunabi:20210208202105p:plain

リッチ:恒常☆5

評価:C

おそらく設計としては「単体もこなせる縦範囲のアタッカー」なのだが、バフ効果のせいでダメージそのものがあまり高くなく、最大火力は「奥義を撃った後のV-インパクト」という判断に悩む代物。

奥義を撃ってからが本番とは申せど、バッファーからダメージUPをしっかり受け取っているのであれば相対的に効果は低い。連携スキルが不死特効、補助スキルとex特性がクリティカル率UPというのも逆風(さかかぜに非ず)か。

 

f:id:izunabi:20210208202440p:plain

黄金の帝王:恒常☆5

評価:S

カバー範囲の広い光属性、3回攻撃、かまえる、デメリット付き1200奥義と、本当に恒常キャラなのかと疑いたくなるほど高性能なキャラクター。かばう系強敵はだいたいこいつがいればなんとかなってしまう。

連携スキルが悪魔特効なのは痛し痒しとして、死に気味なex特性をなんとかしてほしかったが、そこまですると限定キャラの立場がなくなってしまうか。

総じて火力面でのエースどころか、限定キャラとも争えるほど。

 

f:id:izunabi:20210208203010p:plain

クローディア:恒常☆5

評価:B

特殊な単体アタッカー。夢想弓によるダメージUPの積み重ねが強力。

なのだが、自己バフが3ターン持続に特効付与で、奥義もダメージUPの分だけ威力が削がれており、瞬発力は低い。ダメージランキングで活躍させようと試行錯誤してみたが、やはり純粋な奥義威力の数字の前には敵わない。

瞑想状態はダメージを受ければ解除な点は、そもそも攻撃される前に倒すか無敵を貼るかすればよいので気にならないだろう。(無敵の上から剥がされたらごめんね)

 

f:id:izunabi:20210208203422p:plain

T260G:恒常☆5

評価:A+

他に恒常の兵装☆5がいないからというのもあるが、現行環境では非常に重宝する闇属性の兵装キャラ。

ステータスは凡庸の極みだが、そこは装備で補える範囲。

兵装は何はなくとも猛虎プログラム。入手できれば非常に強力な攻撃性能を発揮する。手に入っていない場合はヘビーレールガンなどで立ち回ろう。

パーツはナカジマ遊撃ボードが雑に強い。手に入っていて、かつ覚醒ポイントが潤沢にあればサテライトリンカーあたりを積むとよい。サテライトリンカーは精神法1回分。

自己修復はかまえるの劣化版と捉えることができるが、あまり使う機会はないかもしれない。アタッカーとしては高めの防御力を活かした耐久戦術からの瞬間火力に賭けるシーンがあればよいのだが。

なお、猛虎プログラムで調子に乗ってタイガーランページしていると時々忘れるのだが、奥義は単体1回攻撃なので注意が必要。たまにやらかす。

 

f:id:izunabi:20210208203940p:plain

マイス:恒常☆5

評価:A

横範囲特化型のアタッカー。闇属性のためカバー範囲が広いのが強みか。

ねらうも奥義も連携スキルも補助もダメージに特化している。クイックドローによるターン間の攻撃を利用すれば1ターンで2範囲分を殲滅できる。

かなりストレートな性能のアタッカーなので横範囲編成ならばどんどん組み込んでいきたいところ。

 

 

 

書いていて気付いたこととして、「強い!」というキャラは軒並み限定衣装であることが多く、またアタッカーについては扱い方の大きな違いがないことが挙げられる。

やはり直接的なダメージを与えるアタッカーとしては数字さえ高ければ役割をこなせるということか。

若干無理やり評価をA~Cまで付けたんですけどね。リッチは犠牲になったのだ……

 

以上。