イヴァン君のインサガ落書き帳

Imperial SaGa(インペリアル・サガ)について気ままに書き綴っています

インサガEC 色々と役立ちキャラ

掲題のとおり、攻撃以外の運用で(アタッカーと言うとロールのアタッカーと混同するのでこんな言い方になりました……)役立つキャラについて軽く触れていきます。

f:id:izunabi:20191123001437p:plain

が、途中でアタッカーのゲンさんに触れたりもします。

つまり気分で書いてます。

 

高レアリティキャラも低レアリティキャラも区別なく挙げてるつもりです。

 

■パリイ役

ジェラール、ベア

 

f:id:izunabi:20191122233442p:plainf:id:izunabi:20191122233514p:plain

インサガECでのパリイは100%発動かつ先制かつ術でもなんでもダメージ無効化という凄まじい効果を誇ります。

f:id:izunabi:20191122231837p:plain

鳳天舞の中心やインペリアルクロスの先頭でパリイしているだけで味方全体のダメージが一気に減り、特に強敵相手の安定度が段違いになります。

ただし、状態変化は素通しなので注意が必要です。(毒牙をパリイしたのに毒にかかるなど)

 

もちろん元祖パリイマンのベアでも代用できます。

f:id:izunabi:20191122233546p:plain

それどころか、補助スキルに目を向けると怒り付与スキル1つのジェラールよりも、怒り付与スキルが2つあるベアの方がパリイ役としては適任です。

f:id:izunabi:20191122233627p:plain

そのためジェラール以上の、現時点では最高峰の壁キャラとして運用が見込めます。

状態異常を除けばダメージを食らわない」という、他のディフェンダーとは一線を画した活躍が期待できるキャラです。

具体的には、鳳天舞やインペリアルクロスで矢面に立って前哨戦は攻撃に参加、ボス戦に入ったら戦況に応じて単体火力、HPがある程度減ってきたらパリイに切り替えることでほとんどのダメージを引き受けつつ途中までは火力を出すといった運用が可能です。幸いにしてジェラールもベアも単体火力を持っていますので、ボス戦で腐ることはまずないでしょう。

 

 

 

■金剛力/ヒロイズム/ウェポンブレス/力の水

ローズ、テオドール、エメラルド、ティフォン、ジニー

f:id:izunabi:20191122232633p:plainf:id:izunabi:20191122232703p:plain

f:id:izunabi:20191122232746p:plainf:id:izunabi:20191122233029p:plainf:id:izunabi:20191122232831p:plainf:id:izunabi:20191122232127p:plain

素のままでも33.3%ダメージアップ、鍛えれば66.6%ダメージアップ、これが3ターン持続します。さらにインサガECでは状態変化は重複します。

つまるところ素のままでも重ねがけで99.9%UP、鍛えれば199.8%という割といい感じにぶっ壊れたバフ役として活躍が見込めます。

なんならバフ役を2人入れてもいいぐらい強力な効果を発揮してくれます。(そうすると399.6%UPというよく分からない境地に達します)

バフをかけられさえすればよいので、必ずしも敵の属性相性に有利を取らなくてもよいのも編成上うれしいところですね。

 

さて、当然火力役、できればアタッカーのキャラにバフをかけたいわけですが――

 

■ねらう+単体火力

ゲンさん

f:id:izunabi:20191122233214p:plainf:id:izunabi:20191122233151p:plain

ここで登場するのが、「ねらう」と単体火力の組み合わせであるゲンさんです。

「ためる」と単体火力のアタッカーとしてはブラウがいますが、ブラウは「ためる」でダメージ200%アップが最大です。更に、金剛力などのバフと重複するといっても加算重複のため、バフ倍率こそ高いもののバフ込みでの実際の伸び率はそれほどでもありません。(充分強いですが……)

対してゲンさんの「ねらう」の場合はクリティカル100%アップ かつ クリティカルダメージ150%アップ です。

クリティカルという(おそらく)乗算計算のダメージブーストを経て叩き出されるダメージですので、属性等倍であっても平気で5万だの7万だのそういう数値が計測できて色々すごい(深刻な語彙力の低下)

 

なお「ねらう」キャラには、なぜか今作ではアタッカーとなるウィンディも該当しますが、彼女(性別不明だけど)は横範囲なのでいまいちダメージが伸びづらいです。

 

また、「ねらう」を持ち上げましたが、キャラによっては味方のクリティカル率を大幅に引き上げることができるものの、「ねらう」ではそれが無意味になってしまう難点があります。逆に「ためる」キャラにとってはクリティカルに持っていくいいチャンスですので、一概にどちらが有利とは言えないと思います。(ただ、安直に使うならフルバフ+「ねらう」だと思います)

 

■マヒ役

テレーズ、ミリアム

インサガECではボスにもマヒが通ります。(通り易い・通りづらいはあるにせよ)

そのためテレーズやミリアム、場合によってはサポート枠テレーズと合わせた2人テレーズ体制などによってマヒさせ続ければ強敵相手であっても(ターン数はかさむものの)撃破可能となります。

特に育成枠を連れてのデビルテンタクラー討伐にはテレーズは真価を発揮します。

f:id:izunabi:20191122232231p:plainf:id:izunabi:20191122232316p:plain

テレーズが便利なのは、連携スキルで状態変化の成功率UPを持っているからでしょうか。ミリアムよりもだいぶ入りやすい印象です。

f:id:izunabi:20191122232330p:plain

ミリアムもマヒ付与ができますが、デビルテンタクラー相手だと属性不利もあって瞬殺されてしまいます……(まあ、Lv1だからというのが大きいんですが)

f:id:izunabi:20191122232202p:plainf:id:izunabi:20191122232428p:plain

 

■育成支援

ホークを始めとした回復技持ちがいると、育成、特に閃き・RankUp道場の際は非常に楽になります。

f:id:izunabi:20191122235853p:plainf:id:izunabi:20191122235919p:plain

あとは、珍しいところではシルベンが「能力ダウン」の解除を持っています。

ビューネイの超高速ナブラの攻撃ダウンに悩まされたプレイヤーも多いかと思いますが、そんなシーンに活躍できるのではないでしょうか。(属性が合えば……)

f:id:izunabi:20191123000058p:plainf:id:izunabi:20191123000040p:plain

 

 

■浪漫枠

ミューズ様

f:id:izunabi:20191123000133p:plainf:id:izunabi:20191123000202p:plain

奥義が破格の66.6%ダメージアップ、しかもそれが3ターン持続という素晴らしい効果です。更に補助スキルで相性によるダメージを33.3%アップというダメ押し付き。

ただ、この手のデバフの常として、「かかれば」という前提条件が付いてしまうのですけれど……

とはいえ、ミューズ様の場合は単体火力+縦範囲の攻撃範囲を持っているので普通に使っても充分強いかと思います。

問題は、獅子褒章を使ってまで限界突破を行うべきか否かの判断なわけですが……攻撃UPバフ3人+ゲンさん+ミューズ様とかいう浪漫構成、どうでしょうね。

 

 

とりあえずこんなところで。