イヴァン君のインサガ落書き帳

Imperial SaGa(インペリアル・サガ)について気ままに書き綴っています

インサガ 煉獄級ノエルをいかに安定して撃破するか

煉獄ノエルをいかにして安定して撃破するかをちょろっと考えてみました

f:id:izunabi:20161117214735p:plain

安定と言っても今回の煉獄ノエルは全体冷・横断斬・縦断斬・単体スタン付き斬常時2回行動ですのでほぼ毎戦ごとに傷薬が必要となってしまうのが実情です

 

 

ノエルに刺さる攻速家臣が返り討ちに

f:id:izunabi:20161118093050p:plain

ノエルは斬熱弱点ということもあり通常アニーの奥義斬家臣の攻バフ含めて突き刺さりますし期間限定ですがミカサの奥義斬かつ攻ダウン付きですので「これなら行ける!」と思いがちです

ただアニーもミカサも術なしで高HPとは言え防御力は紙ですのでノエルの攻撃でまず400~500ダメージは持って行かれます

ノエルはこの攻撃力で2回行動なのですからそのままではどう足掻いても紙防御家臣は即死圏内から脱せません

特に月影から切り落としの1人連携「月落とし」はダメージも発生頻度も凶悪そのもので防御70を越える家臣でも平気で500ダメージ持って行かれます

そのためノエルにバフデバフなしで2ターンフルで行動(つまり4回行動)されるとまず前線はほぼ壊滅状態となります

 

 

ダメージ軽減を考える

真っ先に浮かぶのが「受けるダメージが高すぎるならば耐性を高める」となります

f:id:izunabi:20161118093305p:plain

ソードバリアで月影以外(一文字斬り・水鳥剣・切り落とし)を30%カット水舞で月影を30%カットです

この場合ダメージカット率も微妙で貴重な1手を攻撃に使えず撃破ターン数が伸びてしまう危険性が高いです

ただソードバリアは「即死するところが瀕死で済む」というものなので「たかが30%」と思わず安定させるならソードバリアは積極的に使って行きたいところです

逆に水舞は月影しか軽減できないので(それはそれで大きいのですが)ちょっと微妙なところです

また紙防御家臣だと即死の危険性がある反面防御力が高ければ当然ながらダメージは大きく下がりますのである程度以上の防御力を確保した上でストーンスキンを使えば斬技も月影も軽減できるためストーンスキンも積極的に取り入れていきたいです

f:id:izunabi:20161118093220p:plain

アクセで補うに場合はメタルプロテクターは効果が低すぎ氷結の指輪は4パターンのうち月影だけしか軽減できません

またアクセ枠にそれらを突っ込むと火力や先制率が不安定となる場合も多いですのでよほど家臣の攻撃力やすばやさの地力がある場合に限るかと思います

 

 

流し斬り(原作版)を完全に入れる

そこで出番となるのが攻ダウンのデバフ技です

特にミンサガホークを持っていれば奥義が弱点を突ける上に竜特効で確定攻デバフが入ります

f:id:izunabi:20161118085929p:plain

ただ先制させないとノエルの凶悪な2回行動の餌食となってしまいますので神速・パワードスーツで可能な限り先制率を高めておきたいところです

 

但し大半のプレイヤーはミンサガホークなんて持ってないよ! ってなっていると思います(私もそうです)

そうなって来るとサブミッション・骨砕きの出番です

f:id:izunabi:20161118090116p:plain

ノエルは強力な打耐性を持っているためろくにダメージが通りません攻デバフさえ入ってしまえば一気にダメージが半分程度まで落ちて即死の危険がほぼなくなりぐっと楽になります

またサブミ・骨砕きがろくにダメージが出ないのを前提にウィークネスで代用しても問題ありません(斬かつウィークネス持ちならば1ターン目にウィークネスで2ターン目に斬技でデバフにも火力役にもなれます)

f:id:izunabi:20161117214735p:plain

サブミッションが完全に入った

f:id:izunabi:20161118091144p:plain

もちろんナルセスバイタル・ストライクなどの攻ダウン奥義で代用できます(と言うか打・冷以外の攻デバフがあればそっちを使うべきですが)

特に術士は大抵素早さも非常に高いため先制して攻デバフをかけに行けますノエルの高い防御力を無視して安定してダメージも与えられます

 

 

確定デバフがない場合の攻デバフ失敗時に備える

もしミンサガホークがいて確定攻デバフをかけられるなら問題はないのですが怖いのが確定でないデバフで攻DOWNが全く入らなかった場合のノエルからもらうダメージです

前述のとおりノエルの攻撃力は下手すれば1ターン内に1人が合計1,000ダメージ以上食らうこともあり紙防御家臣は危険性が高すぎて投入できません

やはり防御力は50(低くとも40台後半)は欲しいところです

ただ防御力が50あってもノエルの連携がクリティカルすれば1ターンで沈む危険があります

f:id:izunabi:20161118093417p:plain

そこで登場するのが防御性能重視型の防具です

パワードスーツの防御性能23を基準として防御性能重視型の防具でどの程度ダメージが下がるか表にしてみました

防具防御性能ダメージ
カット率
被ダメージ率パワード基準
被ダメージ率
パワードスーツ 23 15.33% 84.67% 100%
ガーラルアーマー 28 18.67% 81.33% 96.06%
精霊銀の鎧 33 22% 78% 92.13%
精霊銀の鎧+10 43 28.67% 71.33% 84.25%

流石に+10をホイホイ用意できるわけはありませんが精霊銀の鎧の防御性能33(ガーラルアーマーを+5した場合と同値です)ともなるとパワードスーツ基準で8%近く軽減できます

8%軽減というと大したことないように思えるかも知れませんがノエルの即死圏内から少しでも遠ざかるという意味では非常に大きな意味を帯びて来ます

メタルプロテクターと異なりトレードオフとなる能力が攻速3ずつという点も大きいですので防御力に不安のある家臣は優先的に精霊銀の鎧を装備させたいところです

 

逆に素の防御力が十分高ければパワードスーツのままでも問題ないでしょう

f:id:izunabi:20161118173051p:plainf:id:izunabi:20161118172851p:plain

攻デバフ入り・防76・パワードスーツの鎧装備時のダメージ(左は切り落とし・右は水鳥剣クリティカル)

 

また撃破ターン数が伸びないならという条件付きですが素直にソードバリアとストーンスキンに頼るのも大いにアリです

この辺りは自軍の攻撃力とノエルの撃破ターン数から勘案して決めるのがよいと思われます

 

私は編成の都合上ソードバリア・ストーンスキン(or元気の水)を用意できなかったのでサブミ役を2人入れています

f:id:izunabi:20161118095601p:plain

うち片方は体術エレンのため1ターン目はサブミを試行2ターン目は奥義で味方の攻バフを兼任させています(打耐性とは言え竜特効なのでそれなりにダメージも出ます)

 

 

総じて…

道中含めて「試練でもこんなきつい編成ねえよ!」ってぐらいに凶悪に仕上がった煉獄級ノエルではありますが実際には相応の対策を立てれば少なくとも即死の危険性からは遠ざかれます

ノエルが実際の能力以上に強いと感じるのはこれまでの定石だった攻速型でのガン攻めが通用しなくなっている点が大きいのかなと感じました

 

まあ実際のところめっちゃ強いと言うかアラクーネと火力ほぼ変わらず2回行動という時点でいつぞやの試練のアラストルを彷彿とさせます

素直な感想を言うと煉獄級に限らず「2回行動なのに技威力の調整し忘れてんじゃない?」ってな思いです

 

なので今回は「守りを固めて即死を防ぐ」「確定攻デバフがない場合は紙防御家臣は出撃を見合わせる」といったあたりがポイントになるかと思います

 

アラクーネが単に煉獄級のお試し版ってことで手心を加えられていた可能性もあるのですが絶望級以下でもノエルの攻撃力が何かおかしいレベルであるに変わりはないため「やっぱりノエル強い」という形になるかと思います

 

 

こんなところで