イヴァン君のインサガ落書き帳

Imperial SaGa(インペリアル・サガ)について気ままに書き綴っています

インサガ 技と術の装備でのダメージ増加幅比較

武器防具の実装で主に与ダメージが大幅に増えました

技と術とでそれぞれ強化のされ方や強化の幅が異なります

 

技と術の大まかな武器防具による強化内容とメリット・デメリットは以下のとおりです

 武器防具強化幅メリットデメリット
武器で最終ダメージ乗算
攻速防具で攻+3
武器補正が乗算でかかる 500徽章武器が高価
術防具で術適性+10 最安価10徽章 武器の補正がかからない
術適性キャップが75のまま

 武器は店売り品でも最終ダメージに乗算で18.67%の上乗せがかかりまた攻速防具での攻+3も美味しいところです

一方で個別に武器を買い与える必要があり500徽章武器を人数分揃えるのは厳しいところです

 

術は術士のローブの時点で術適性+10され火力を上げるだけならば技と比べて格段に安く済みます

一方で武器の補正が乗らずまた術適性75で計算式上のキャップに届いてしまうため技と比べると最大火力が伸び悩む場合が多いです

 

今回は技と術とで武器防具による強化幅がどの程度違いがあるのか比較してみます

 

まず技ダメージで武器防具なしの状態・武器+攻速防具装備の状態でのダメージ増加率を見てみます

こちらの攻撃力は60・80の2パターンで計算します

技は攻防差によりダメージが大きく変動しますので仮に敵防御はランク10モンスターを想定した40絶望ボスを想定した65の2パターンで計算します

攻撃力敵防御装備合計攻武器
倍率
400技
ダメージ
武器防具なし
からの増加率
備考
6040 なし 60 0.00% 1872 0.00%  
6040 8武器+攻速防具 63 5.33% 2141 +14.39%  
6040 18武器+攻速防具 53 12.00% 2277 +21.63%  
6040 28武器+攻速防具 53 18.67% 2412 +28.87%  
6040 38武器+攻速防具 53 25.33% 2548 +36.11% 限定武器
6065 なし 60 0.00% 1332 0.00%  
6065 8武器+攻速防具 63 5.33% 1544 +15.93%  
6065 18武器+攻速防具 63 12.00% 1642 +23.27%  
6065 28武器+攻速防具 63 18.67% 1740 +30.60%  
6065 38武器+攻速防具 63 25.33% 1837 +37.94% 限定武器
8040 なし 80 0.00% 2880 0.00%  
8040 8武器+攻速防具 83 5.33% 3119 +8.30%  
8040 18武器+攻速防具 83 12.00% 3316 +15.15%  
8040 28武器+攻速防具 83 18.67% 3514 +22.00%  
8040 38武器+攻速防具 83 25.33% 3711 +28.86% 限定武器
8065 なし 80 0.00% 2205 0.00%  
8065 8武器+攻速防具 83 5.33% 2408 +9.20%  
8065 18武器+攻速防具 83 12.00% 2560 +16.11%  
8065 28武器+攻速防具 83 18.67% 2713 +23.03%  
8065 38武器+攻速防具 83 25.33% 2865 +29.94% 限定武器

赤文字部分は限定武器ピンク文字部分が店売り最上位武器です

上記を見ると店売り28武器で22%~程度のダメージ増加が見込め限定武器になると30%近く~になります

また28武器が買えずとも18武器の時点で15%~のダメージ増加が見込めるなど中間武器を購入する価値は充分ありそうです

攻撃力が低い場合ほどダメージ増加率が大きいのは攻防型防具による攻+3が素の攻撃力が低いほど相対的に大きくなるためです(特に攻撃力75以下の場合だと攻撃力75キャップと攻防差50キャップの両方にかかります)

 

次に術ダメージで武器防具なしの状態・術防具装備の状態でのダメージ増加率を見てみます

術士は術帝・通常帝・術王・術将の50・35・45・38の4パターンで計算します

装備は英知(+20)のみ英知(+20)と術防具(+10)の組み合わせの他にもグレード7の段階で作成可能な賢人(+15)の場合でも計算します 

家臣適性装備加算値

合計
適性

304術
ダメ

アクセ
のみと
比較

適75との
ダメ
比率

備考
術帝 50 英知 20 70 1736 0% 91%  
術帝 50 英知+術防具 30 80 1915 +10% 100%  
術帝 50 術防具 10 60 1400 -19% 73% アクセ枠自由
妖魔
術帝
50 英知+憑依 27 77 1915 0% 100%  
妖魔
術帝
50 術防具+憑依 17 67 1632 -15% 85% アクセ枠自由
通常帝
/術戦
35 英知 20 55 1243 0% 65%  
通常帝
/術戦
35 英知+術防具 30 65 1564 +26% 82%  
術王 45 英知 20 65 1564 0% 82%  
術王 45 英知+術防具 30 75 1915 +22% 100%  
術将 38 英知 20 58 1337 0% 70%  
術将 38 英知+術防具 30 68 1666 +25% 87%  
術帝 50 賢人 15 65 1564 0% 82% グレード7
術帝 50 賢人+術防具 25 75 1915 +22% 100% グレード7
術帝 50 術防具 10 60 1400 -10% 73% グレード7
妖魔術帝 50 賢人+憑依 22 72 1807 0% 94% グレード7
妖魔術帝 50 術防具+憑依 17 67 1632 -10% 85% グレード7
通常帝/術戦 35 賢人 15 50 1094 0% 57% グレード7
通常帝/術戦 35 賢人+術防具 25 60 1400 +28% 73% グレード7
術王 45 賢人 15 60 1400 0% 73% グレード7
術王 45 賢人+術防具 25 70 1736 +24% 91% グレード7
術将 38 賢人 15 53 1183 0% 62% グレード7
術将 38 賢人+術防具 25 63 1498 +27% 78% グレード7

赤文字は術適性75到達ピンク文字が適性75に足りない術適性最大の組み合わせ緑文字がアクセ枠を空けた場合です

術適性キャップが75のままのため英知装備の術帝では実質術防具で+5しかされない形となり増加率は10%に留まっています(妖魔術帝の英知+憑依に至っては一切増加しませんが表作成に辺り省略しています)

これだけでは店売り武器で20%以上の増加が見込める技に水をあけられたように思えます

グレード10の英知(+20)がなくともグレード7の賢人(+15)の時点で術帝の術適性が75に達しこの場合の増加幅は22%となります

更に術帝の英知以外の組み合わせを見てみると術適性35の通常帝・術戦の場合は英知のみと比べて26%のダメージ増加があり術王の場合でも22%のダメージ増加(術帝+賢人と同じ結果)など技・武器に決して負けていません

特に通常帝(術戦も)の場合は26%の増加となりこの術適性は従来の術王+英知と同値であり適性75の82%の火力が出せるため術が実用的な火力まで引き上げられています

術将も同様で装備作成グレード7の賢人の時点で術防具合わせて適性63となりグレード7のソーンバインド・フレイムウィップ・クラックと合わせれば十分な火力を発揮できますし英知ならば適性68とほぼ従来の術帝に匹敵するダメージが出せます

更に従来の術士の「アクセが英知で固定」という欠点も術適性防具を装備することで英知のみと比べて術帝で-19%のダメージ低下があるものの充分実用範囲の火力を保ったままアクセの付け替えが可能となります

 

上記の技の表と術の表を見比べると以下のようになります

技 : 上位武器ならば安定して22%~のダメージ増加 中位でも15%~増加

術 : 術帝の場合は10%しか増加しないがそれ以外の場合は技と同等に伸び実用範囲内の火力を保ったままアクセ付け替え可能

 

更に言うと術の場合はヴァルク徽章10だけで火力増加は完成しているので術は非常に安上がりという点も大きな魅力となります(技の場合はヴァルク徽章が最大510必要)

 

ですので今回の武器防具追加でも技と術それぞれに異なる形での利点が発生した形となります

ただ術適性キャップ75が外れない限りは火力比べになるとどうやっても術は技に負けてしまうので術適性キャップを80くらいまで上げる術威力武器を実装するかして欲しいのが正直なところだったりします(術は必中なので中々思い切った強化ができない事情もありそうですが)