イヴァン君のインサガ落書き帳

Imperial SaGa(インペリアル・サガ)について気ままに書き綴っています

「ノエルだかカエルだか知らんが」⇒河馬人間

注意! 初期の不満点の多くは現在ほぼ完全に解消されています!!

特にキャラロスト仕様は早々に完全撤廃されロストしたキャラも全て返還されていますので「キャラロストするゲーム」などと吹聴して回るとそれだけで「エアプネガキャン野郎」の烙印を押されることになります

 

インサガ初期の不満点及びその改善状況の記事全体はこちら

ブラウザゲーム-インペリアル・サガ-インクソ時代

 

まだまだ続く初期仕様におけるクソゲー要素記事ですがインペリアル・サガがクソゲーと呼ばれていた頃の不評要素に「河馬人間」があります 

・初心者からクラウン(1クラウン=1円相当の仮想通貨)をむしり取る「河馬人間」

これは初心者から金を騙し取るための要素なのでゲーム部分とはまた異なった部分で少しばかり毛色が違いますがリリース当時からある不評要素のため説明します

※結論から言うと河馬人間は今もあります
 インサガでは「河馬人間には一切投資しない」と心に固く決めてプレイしましょう

クエスト中に少額(10~80)のクラウン投資をせびり代わりにクエスト後にアイテムをくれる「河馬人間」に遭遇することがあります

 

リリース記念に500クラウンが配布されていたわけですから慣れていないプレイヤーは「たかだか10クラウン」「どうせ40クラウンだし」と河馬人間に投資してしまいます

そして気付けば累計で200クラウンや300クラウンつまり200円や300円といった現金相当の資産を失っているわけです

それもクエスト中にランダムでたまにしか出現せずくれるアイテムも分からない状態なわけですから「もしかしたらいいアイテムくれるかも」と期待を抱いてしまいますですが実際には1クラウン=1円であり河馬人間は10円~80円を消費することと同じです

 

リリース当初はクラウンの入手機会が少なく500クラウン=500円単位で課金しない限りほとんどクラウンが増えることはありません

クエストSランククリアで初回だけ20クラウンがもらえますが初期にSランクを狙えるクエスト数などたかが知れています

そして河馬人間がくれるアイテムはまず買うことがないバラ売りの課金アイテムクエストを回れば勝手に貯まる材料などゴミそのものと言っても差し支えありません

課金アイテムをくれる場合は投資したクラウンと同額かそれ以上のものがもらえますが割高なバラ売りが基準でまた実際に購入する必要性がほぼないハズレ課金アイテムです

つまり河馬人間はゲームを始めたばかりでゲーム内の金銭感覚のないプレイヤーからクラウン=現金を回収するために存在しているトラップと断言していいでしょう


現在でも河馬人間は元気に出没しておりプレイヤーにとっては「クソ河馬」などと呼ばれ忌避されており全く解消されていません

一説によればランダムで出現することからマクロによる自動プレイを防止する意図があるのではないかとも言われているため一概になくせとは言えませんが…


なお1~3章で一度も河馬人間に遭遇せずに4章まで進めると4章をクリアして1章に戻るまでは河馬人間が一切出現しなくなるという裏仕様が初期からあります(通称:河馬消し・河馬除け

そのため多くのプレイヤーにとっては河馬消しをして4章に留まり4章でキャラクターを育成したりイベントクエストを周回することが半ば常識化しています

河馬消しをする場合は分岐先に河馬人間がいる場合はそれを避けるよう進軍してどうしても河馬人間と遭遇してしまう配置の場合には即撤退をして誤って河馬人間と遭遇してしまったら選択肢決定前にブラウザ更新でのエラー落ちを2連続で実行することで強制的に作戦中断させるようにする必要があります

一度クリアしたクエストは章や周回をまたいでもプレイできる「ヒストリーモード」が追加されたためなおさら河馬消しによる恩恵が大きくなりましたがクエストが追加された場合やLP回復目的で周回をする場合は再び河馬消しをする手間が出て来ますのでここは解消されていません


先述のとおりマクロによる自動プレイ防止の意図があることを考えると消すことが難しいのかも知れません(もっとも河馬消しした4章でならばマクロ防止は機能しませんが)

 


結局河馬人間のことしか書けませんでしたが残るリリース初期の不評要素はまだまだ以下のとおり存在します


その多くが様々な形で改善されていますのでまた次回以降に説明したいと思います

・戦闘時の乱数のぶれ幅が大きすぎる
・攻撃時にターゲットを指定できない
・ダメージを負った際の回復時間が長すぎる
・マップ移動の演出が長い
・戦闘時に技がMiss連発
・攻撃術が使い物にならない
・補助術は更に輪をかけて使い物にならない
サガシリーズの原作のエッセンスと乖離している
・同レアリティ間でのいわゆる強キャラ弱キャラの格差が大きい
・原作イメージとはかけ離れたステータスに設定されている

 

次回記事:

「お兄様! これって昔はクソゲーだったのよ!」